スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイル塗装について 1

僕は、家具や小物を作るときには食用のクルミ油を使っています。

ダイニングテーブルなど、水や油、調味料などがかかってしまう可能性の高い物は
ワックス入りの市販の自然塗料を使います。

今、手作り市にむけて、キーホルダーやボタンを作っています。
もちろんクルミ油で塗装をするのですが、
ウレタンやラッカーで塗装したときほどではないけど
かなりつやが出るんです…
でも、個人的にはつやはできるだけおさえたいと考えています。

そこで今試しているのは、クルミ油を十分にしみこませて塗装し、
ある程度乾燥したところで(2日間ほど)細かい目のサンドペーパーを書けるようにしています。

これまた個人的にはほどよくつやをおさえることができて
良い感じです。

あと
キーホルダーやボタン、リングなど常に手に触れる物などは
またまた個人的にですが
メンテナンスフリーで良いと思っています。

数年前に高山に行ったときに、木のキーホルダーを買ったんだけど
使っているうちに、どんどんいい感じの色になってくるし
ふか~いつやが出てくるんです。

これって、人の油分が木にしみこむんだって!
人の油分も自然塗料ですね。

だから
木工品って(オイルと相に限らず)使っていく内に仕上がっていくんだと思います。
そのためには、長く使ってもらえる物を作っていかなければ

それが自分の仕事だな

と思います。

我ながら脈絡無し!!
このカテゴリは、思いつきだけで書くカテゴリなのでご了承を!


よかったらクリックを!励みになります。
読んでくれてありがとう。

    ↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

みせてもらったよー

兄ちゃんざぶいす送ってよー  畳でけつgaitai,,,,
メールフォーム
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。