スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文机 3

天板用の欅を取りに行ってきました。
やっと、板接ぎにはいれます。

IMG_1238.jpg

幅が110センチ、奥行きが45センチの天板になります。



よく、いろんな方とお話をしていると、量販店の無垢家具と
オーダーの家具ってどうして価格がそんなに違うのか?
なんて事を聞かれたりします。

「一点物の特注である」ということは、
ご理解していただいていることが多いのですが、
正直、作り手からの立場で言えば、その点あまり関係ありません。
逆に、「一転物」ということを価格に反映させたら、
何倍の価格をつけたらいいのか・・・

価格の差は、材料の価値の違いです。
一般に、木材の価格は、長さ・幅・厚みの比例していくものではないのです。

たとえば、長さ・幅が同じで、厚みが3センチと6センチの材料。
体積比は1:2です
だから、価格は2倍か?というと、そうではなく3倍とか・・・

つまり、長い・広い・厚いことで木材の価値は上昇していきます。

写真の天板は、仕上がり幅45センチになります。
これは、2枚接ぎですが、仮に一枚板の天板でということになると、
かなり、製品の価格としてかなり高価になります。

逆に、これがはば10センチ程度の板を5枚接いで5枚接ぎにすれば
かなり、価格的には抑える事ができます。


IMG_1239.jpg

ただ、どちらが良い!!というものではありません。
使用している材料の価値が、高いにつけ安いにつけ、
しっかり反映されていれば、
用途や経済的な事情をふまえて、購入して頂ければよいと思います。

あと、接ぎ数の少ない物で木目の合わせがしっかりして違和感がないものは
良いもの打と思います。
限られた材料の中で、色や、木目を合わせることには
かなり労力を使います。

上の写真のちょうど中程が接ぎ目なんですが、
木目の切れ目をうまく合わせる事によって
不自然さをなくしています。

また接ぎ数が多くなれば、
木目合わせも限界があるので不自然な仕上がりになる事が多いです。


家具を検討するときには、
そんなことも参考にすると良い家具と出会えるかもしれませんね。





よかったらクリックを!励みになります。
読んでくれてありがとう。

    ↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。