スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曽五酒のうちの一つ「杉の森」が蔵を閉じたらしい。

在庫がなくなり次第。。。幕も閉じる。


木曽に来て、杉の森の濁り酒を呑んだとき衝撃的だった。
辛めで、他の濁り酒とは一線を画していた。
好みだった。


「残念」「惜しい」「もったいない」「続けて欲しい」

この話題で、そんな言葉がよくでてくる。


でも、そう思っているのは、誰よりも「杉の森」の人たち。
その上で蔵を閉じることを決心し決断したはず。




「今まで、ありがとう」



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。