スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトボンド

木工に関わるサイトやブログをよく見る方は
「タイトボンド」という言葉を目にする方もいるかも知れません。

日本で木工ボンド(通称:白ボンド)というと、
真っ白なボンドですよね。

コニシ社とかセメダイン社とかから出ている!
100均とかにもありますよね。

木工に関わる私たちも、もちろんお世話になってます。
とても強力で、板を接ぎ合わせてから割ろうとしても
びくともしません。
もっと力を入れて割ろうとすると、接ぎ合わせた部分ではなく
木そのものが割れてしまうくらい強力。

ただ、弱点が!!
それは、「熱」と「水」に弱いこと。
特に家具にとって水に弱いということが
致命傷になってしまうことが多々あります。

テーブルの天板などは気をつけないといけません。
食事、飲み物などが置かれますし、日常のお手入れとして水ぶきをすることが多くなると思います。
白ボンドがすぐにだめになるわけではありません。
例えば、お茶のような物をこぼしたとしても
固く絞った布巾ですぐに拭き取れば何の問題もありません。
ただ、20年、30年使ってもらうということを考えれば不安が残ります。

そこで、この「タイトボンド」!
IMG_0130_convert_20110726213307.jpg


アメリカタイトボンド社で製造されているボンドです。
タイトボンドは商品名で通称イエローボンドといわれる物です。
名前の通り、やや黄色みを帯びていて、色ボンドよりややさらさら感があります。

白ボンドの弱点である耐水性を高めたボンドで、
アメリカでは白ボンドよりポピュラーなボンドです。

ネックは、価格。。

現地で買えば、白ボンドとさほど変わりません。
日本で、このタイプのボンドを製造していなく、
手に入れるためには、個人輸入か輸入販売しているところで購入するしかないんです。

そうすると、価格的には3~5倍程度になってしまうんです。

もちろん、白ボンドがだめなわけではないんです。
(多くの家具製造に携わる方たちが白ボンドを使ってみえます)
だから、適材適所で使い分けることが重要になってきますね。

でも、僕らは、安全に長く使ってもらうことが喜びですからね。
多少の負担は覚悟で、使う価値はあります!


よかったらクリックを!励みになります。
読んでくれてありがとう。

    ↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

オイル塗装について 1

僕は、家具や小物を作るときには食用のクルミ油を使っています。

ダイニングテーブルなど、水や油、調味料などがかかってしまう可能性の高い物は
ワックス入りの市販の自然塗料を使います。

今、手作り市にむけて、キーホルダーやボタンを作っています。
もちろんクルミ油で塗装をするのですが、
ウレタンやラッカーで塗装したときほどではないけど
かなりつやが出るんです…
でも、個人的にはつやはできるだけおさえたいと考えています。

そこで今試しているのは、クルミ油を十分にしみこませて塗装し、
ある程度乾燥したところで(2日間ほど)細かい目のサンドペーパーを書けるようにしています。

これまた個人的にはほどよくつやをおさえることができて
良い感じです。

あと
キーホルダーやボタン、リングなど常に手に触れる物などは
またまた個人的にですが
メンテナンスフリーで良いと思っています。

数年前に高山に行ったときに、木のキーホルダーを買ったんだけど
使っているうちに、どんどんいい感じの色になってくるし
ふか~いつやが出てくるんです。

これって、人の油分が木にしみこむんだって!
人の油分も自然塗料ですね。

だから
木工品って(オイルと相に限らず)使っていく内に仕上がっていくんだと思います。
そのためには、長く使ってもらえる物を作っていかなければ

それが自分の仕事だな

と思います。

我ながら脈絡無し!!
このカテゴリは、思いつきだけで書くカテゴリなのでご了承を!


よかったらクリックを!励みになります。
読んでくれてありがとう。

    ↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村

コンセプト的な

4月から工房「bokuno.atachino」を立ち上げはや半年
多くはないけれど、お客様に自分の作った物を使っていただいている

「気に入ってくださって、お金を払って購入してくださる」

という行為。

作る側として、何にも代え難い幸せとともに
自分のやれる限りしっかり、丁寧に作らなければならないという責任をとても感じる。


責任を持って作るということは……


そこに「bokuno.atachino」としてのコンセプトがあるんだと思う


けど、自分の中でまだぼんやりとしてる

なぜ、木を使うのか。
なぜ、その木を使うのが。
そのデザインの意図は何か。
なぜ、その組み方をするのか。

なぜ?なぜ?なに?なぜ?…だらけ

そこがはっきりしてこなければ責任をもって
作ったことにはならないのだと思う



不特定多数(少数?)の方たちが見る場ですが
この場を借りて
木の家具や小物について考え思うことについて
書いていこうと思います。

考え思ったことを綴ることで
少しずつ、工房「bokuno.atatino」としてのコンセプトを
確立していけたらと思います。

おつきあいください。


よかったらクリックを!励みになります。
読んでくれてありがとう。

    ↓
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村
メールフォーム
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。